日々の生活の中で、「偶然」の意味合いって、どう思う?どうでもいいって思う?「強い風」は、あなたにとっては何なんだろう。

日々の生活の中で、「偶然」の意味合いって、どう思う?どうでもいいって思う?「強い風」は、あなたにとっては何なんだろう。

無邪気な好奇心にも価値がある

↑ページの先頭へ
枠上

喜んで叫ぶ母さんと紅葉の山

辺ぴなところに住んでいると、インターネットでものがお手軽に買えるようになったのが、非常に便利だ。
それは、大型の本屋が市内に一軒だけしかなく、本の品ぞろえもひどいから、手に入れたい雑誌も買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりインターネットで買う方が簡単だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるから非常にめんどくさい。
ネットに慣れたら、本以外もネットショップで手に入れるようになった。
なんでもネットショップで買うようになった。
家電は、ネットのほうが確実に安価で、型番商品は必ずネットショップ購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

雨が上がった週末の夕方にゆっくりと
水滸伝の北方版の血が通っていて凛々しい登場人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な登場人物が108人でてくるが、敵方、権力側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
作中人物に人間くさいもろさが見えるのもやはり、夢中になっていた理由だ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に極力苦行をしいられているのが読みふけっていて夢中になる。
精読していておもしろい。
だけど、心ひかれる作中人物が悲しい目にあったり、希望がやぶれていく様子も胸にひびくものがあるから心ひかれる歴史小説だ。
枠下 枠上

どしゃ降りの月曜の夕暮れに椅子に座る

明日香は、高校を卒業してすぐに仲良しになった仲間だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、たいていの事は見逃すし、細かい事は気にしないところ。
私の方から、仲良くなろうと言ったそうだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒にいると、問題はシンプルになるので、とっても安心する。
シャープな印象でスキニーなのに夜中にハンバーグを注文しに行ったりするらしい。

雨が降る日曜の日没に昔を思い出す
ビールなど、酒のおつまみには、ローカロリーで体に良い物を!と考えている。
最近のおつまみは焼いた葱。
それ以前はまぐろ。
そして、最近は、ウナギだけれど、高いので断念。
先日新メニューを発見した。
買い物に行けば100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
とてもコストは低め、KCALも低い気がしませんか。
枠下 枠上

喜んで吠えるあなたと月夜

手に入れた布で、幼稚園にもう少しで行くわが子の入れ物を裁縫しなくてはいけない。
母親である家内が裁縫するんだけど、しかし、私も嫌いではないので、大変そうだったら手伝おうと思う。
決まったものをしまうものが園に通い始めるのにいるみたいだ。
ミシンもついに到着した。
使った感じも試してみようと思っている。

悲しそうに泳ぐあの子とアスファルトの匂い
友達の彼氏が梅干し屋さんとの事。
博多に本部があり中国に店もあり、関西の方にファクトリーがある。
日本全国に、たまに、何名かのメンバーでデモストレーションをするらしい。
深夜に、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」と言うと、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、今までで最高に美味しかった。
ここで、早速梅干しをオーダーしてしまった。
枠下 枠上

雲の無い木曜の晩にビールを

とある夏の午後。
少年は外で、アリの行列が死んだ虫をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
アリ達は一生懸命働いているのだけど、虫の死体一つでこんなにもいっぱいのアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、蟻たちが運んでいる虫の死骸を指ではじいたらどうなるだろう、という好奇心がわいてきた。
でも、今日のところは何もせず観察し続けることにした。
暑い夏の日だったので、少年の汗がダラダラと流れ、しずくとしてアリの行列のそばに落ちた。

薄暗い金曜の明け方にシャワーを
働き始めて間もないころ、無知なこともあって、ちょっとした厄介なことを起こしてしまった。
罪悪感を持つことはないと言ってくれたお客さんだが、お詫びの仕方も思いつかず、涙が出てきた。
若いお客さんが、タリーズのコーヒーをあげる、と言ってくれた。
間違って2個頼んじゃってさ、と言いながら違う種類のドリンクを手に2つ。
ノッポで細身で、すっごく穏やかな表情をした若い人。
悪かったな、と思う。
枠下 枠上

控え目に熱弁する友達と月夜

久しぶりに、明日香と麻衣子と旅行に行ってきました。
2人は、私が通っていた学生時代の友人で、一緒に学んだクラスメイトです。
しかも、学んだのは旅行関係とトイックなので、観光が、好きな学生たちであふれていました。
その中でも、麻衣子と明日香を含む仲良し6人でさまざまな地へ旅行に行った思い出は懐かしい。
私は元々そんなに仲のいい友人が多くないし、しかもそれで良いと考えています。
なので、素直に嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのもツボでした。

ひんやりした仏滅の夜に外へ
タバコは体に良くない。
など、指摘されても吸ってしまうらしい。
社会人になりたての頃、業務の関係で紹介された旅行会社の取締役の年配の方。
「身体が病気一つしないのは煙とビールのおかげです!」と堂々と話していた。
これくらい聞かされると無理な脱ニコチンはしなくてもいいのかも・・・と感じる。
枠下
枠下
枠上

カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 無邪気な好奇心にも価値がある All rights reserved.