君が想像する「強い風」と、みんなが思う「猟師」は、もしかするとまるっきり違うかも。そう考えると、ちょっと面白くない?

君が想像する「強い風」と、みんなが思う「猟師」は、もしかするとまるっきり違うかも。そう考えると、ちょっと面白くない?

無邪気な好奇心にも価値がある

↑ページの先頭へ
枠上

よく晴れた月曜の夜に立ちっぱなしで

子とのコミュニケーションをとればとるほど、わが子はすごく慕ってくれる。
2歳近くまで、会社の業務が大変大わらわで、コミュニケーションをとることが珍しかったため、たまに抱きしめても近寄ってくれなかった。
父親だけどと哀れな心もちだったが、仕事があわただしいからと投げ出さずに、足しげく、休日にお散歩に連れていくらようにした、抱きしめても、お風呂に入れても笑ってくれるようになった。
このところ、朝、車に行く時、私が行くことが悲しくて涙を流してくれるのが嬉しい。

騒がしく踊る姉ちゃんとアスファルトの匂い
1年前から、南九州に住むようになって大型台風を大変気にかけるようになった。
被害が全く違うからだ。
九州北部に住んでいたことも千葉に住んでいたこともあるけれども、しかし、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると聞いたときは、オーバーだと思ったが、本当だった。
風速がすごい台風が通った後は、ヤシや大きな木は道路に倒れ、海沿いの道は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと走れない。
海辺の家では、車両のフロントガラスが破損したり、民家のガラスが破損し、風が入って天井が飛んだりと本当かと考えていたようなことを見てしまった。
直撃せずにかすめていくだけでも風はとても強く、古い家にいると家の揺れる音がとても心配してしまう。
枠下 枠上

余裕で跳ねる兄弟と履きつぶした靴

普段、家で一人で出来るような仕事して、稀に誘いがあるとチームの仕事に参加する。
その稀にだけど、本気で怠く思えて仕方ない。
この際辞めてしまおうなど。
一日が始まれば頑張るけれど、大勢の社員に囲まれて、チームで業務を成功させるのは難題だ。
そう友達に話すと、言いたいことは分かるけれど、などクスクス笑っていた。

熱中して体操するあの人とアスファルトの匂い
アンパンマンは、幼児に人気の番組なのだけれどたいそう攻撃的に思う。
話のラストは、アンパンチとばいきんまんをUFOごとぼこぼこにして解決するといった内容が大変多いように見える。
子供にもとっても悪影響だと私には思える。
ばいきんまんとかびるんるん達が、あまり悪いことをしていないときでも殴って解決する。
アンパンマンは、ばいきんまんとかびるんるん達を見つけたら、やめろと怒鳴りながらもう殴りかかっている。
話を聞くわけでもなく問答無用だ。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って話を終わらせるからいつになっても改善されず、いつも同じだ。
想像するのだけれど原作は攻撃的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするためにそんなふうになっているのだろう。
枠下 枠上

どしゃ降りの月曜の昼は昔を思い出す

梅雨が明けたばかりだけど、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と思った。
もうすぐ夏休みという日曜のお昼前、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスクリームを舐めていた。
頭上では風鈴がときどき鳴っていた。
朝から暑い日で、太陽が少年の座った足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
汗がほっぺたを伝って流れ、アイスもとろけてきた。
少年は、近所の屋外プールのプール開きを楽しみにしていた。

熱中して熱弁する彼と飛行機雲
人間失格を読んで、主人公の葉ちゃんの考えも分かるな〜と感じた。
彼は人間なら誰でも抱いているポイントを、大分抱えている。
そういった部分を、内側に積み重ねないでお酒だったり女性だったりで発散させる。
最終章で、飲み屋のママが「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と言う。
そこで、葉ちゃんは要領がよくないんだと、絶対悲しくなってしまう。
枠下 枠上

余裕で歌う子供と花粉症

近所のスーパーマーケットで買い物をしていた。
冷凍食品のcornerドリアを選んでいた。
すると、ハングルで書いてある冷凍食品を発見した。
じーっとみると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
先月釜山へ旅行した時に、幾度となく韓国に旅行している友達に教えてもらったのがトッポギだ。
海を越えた日本で冷食として、あのトッポギが発売されてるなんて、心外だった。

怒って話すあの子と僕
友達と前から約束をしていた。
西鉄天神駅の恒例の巨大なエスカレーターの下。
携帯を見ると、ちょっと遅くなると連絡がきた。
駅のこの場所は待ち合わせ場所なので、人々は次第に約束の相手が現れる。
ウォークマンでミュージックを聴きつつ、その様子を眺めていた。
それでも暇なので、そばの喫茶店に入って、レモンティーを飲んでいた。
それから、同級生がごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々調べてみたけれど、良い感じの店を探しきれなかった。
枠下 枠上

じめじめした金曜の早朝に微笑んで

動物を観察するために坂道でも長く歩き進まなくてはならない動物園は、7月はめちゃめちゃ蒸し暑くて汗がでる。
知人夫婦と子供と私の家族と合同で入園したが、とっても蒸し暑くてしんどかった。
めちゃめちゃ日差しも暑いので、キリンもトラも他の動物もあまり行動していないしし、遠くの物影に身を潜めていたりで、非常に見えなかった。
今度は、涼しい水族館などが暑すぎるときはいいかもしれない。
子供が大きくなったら夜の水族館や動物園もおもしろそうだ。

風の強い休日の晩は立ちっぱなしで
今季は、泳ぎに行っていないが、都合がつけば非常に行きたい。
まだ、ひとり娘が2歳になったばかりなので、砂浜で遊ばせる程度とは言っても、想像するけれど興味をもってくれると思う。
ですが、まだ、オムツをつけているので、海水客の事を考えたら海に入れないのがいいかもしれない。
遊泳用のオムツもあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。
枠下
枠下
枠上

カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 無邪気な好奇心にも価値がある All rights reserved.