テレビのインタビュー等で、「音楽家」のことを聞かれたとしたら、あなたはなんて返答する?「おばさん」は、人それぞれで受け止め方が千差万別なのかもね。

テレビのインタビュー等で、「音楽家」のことを聞かれたとしたら、あなたはなんて返答する?「おばさん」は、人それぞれで受け止め方が千差万別なのかもね。

無邪気な好奇心にも価値がある

↑ページの先頭へ
枠上

どしゃ降りの平日の昼にゆっくりと

ブームが去った今、任天堂DSに夢中になっている。
はじめは、DS英単語に英語漬けや英語のゲームソフトを使用していただけだった。
しかし、ヤマダ電機でソフトを選んでいたら他の物に気になってしまい、無駄に欲しくなってしまう。
友コレやクロスワード、逆転検事など多数。
変わり種で、トラベルシリーズもヒットしている。
これだけあれば、移動中などの退屈な空き時間には有効活用できそうだ。

一生懸命大声を出す先生と飛行機雲
新聞の記事に、女性の眉毛に関して、興味深い事柄が載っていた。
真実が分かれば、急に色香まで感じてくるので面白い。
目にするだけでは、恐ろしく見えるが、当時は結婚している女性の印だという。
理由を知ると、次第に色っぽくも感じてくるので面白い。
枠下 枠上

どしゃ降りの平日の早朝に昔を思い出す

小さなころよりNHK教育テレビを視聴することがとっても多くなった。
昔は、母親やばあちゃんが視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに考えていたが、最近は、NHKも見る。
年配向け以外の番組がたいそう少ないと考えていたのだけども、近頃は、年配向け以外のものも増えたと思う。
そして私が、かたいものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないものや娘に悪い影響がとても少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですら非常に攻撃的だと思う。
毎回殴って終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

雨が降る木曜の昼に想い出に浸る
六本木のキャバクラの女性を見ると、大変だろうなーと思う。
それは、しっかり手入れした外見、マナー、そのための努力。
客に完全に勘違いをさせないで、仕事だと分かってもらいながら、常連になってもらう。
たまに、もしかするとコイツ、俺に気があるのかな?と思ってもらう。
バランスのとり方が、どの仕事よりも絶妙だ。
一番は、私は人気のホステスさんたちの月給が凄く聞いてみたい。
枠下 枠上

目を閉じて走る兄さんと濡れたTシャツ

隣のご主人が最近明け方から釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、ちょっとしかあげれなかったらしい。
ザコがうじゃうじゃで、フカセ釣りが難しかったらしい。
だが大物のの50cm近くが釣れたらしいから、うらやましい。
どんだけ前かいただいて初めて食したがとってもうまかった。
そんなのがいると知ってしまったら楽しみでしょうがないが、もう少し我慢して今度だ。

目を閉じてダンスする父さんとわたし
ほほえみって綺麗だなーと思うので、できるだけ笑顔でいれるようにしている。
なるべく、時と場合を見て。
しかし、周囲に押し付けては良いとは言い難い。
要は、一括では言えないけれど個人的な概念として。
さっきまで真剣な顔で真剣に働いていた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
笑いじわできる人が好き!と話す学生時代の友人。
気持ちも理解できるかもしれない。
枠下 枠上

湿気の多い休日の深夜はひっそりと

友達の知佳子の彼氏のSさんが経営する物産会社で、朝食用に和歌山の梅干しをオーダーしている。
酔うと電話をかけてくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんという男性は、まったく会話がかみ合わない。
素面のときのE君、結構な照れ屋らしくそこまで多くは話してくれない。
だから、私はE君とは話したと言えるくらい話をしたことがない。

寒い土曜の午前は昔を思い出す
夏休みが2週間くらいたった頃の夕暮れ時。
「カンけり」で鬼をしている少年は、とんでもなくお腹をすかせていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が脱走するので、もう今日の缶蹴りは終わりが見えない、と肩を落とした。
クタクタに遊び疲れて家に帰ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が分かった。
めちゃめちゃ美味しそうなカレーの匂いに、少年は幸せな気持ちになった。
枠下 枠上

じめじめした土曜の朝に昔を懐かしむ

防波堤の近くに私たち家族は、家があり暮らしているので、大地震のあとの高潮を両親が心配してくれている。
特に東北大震災後は、どれくらい海から隔たっているのかとか小高い位置はすぐ近くに存在するのかとか口々に言う。
家内と俺も憂慮しているのだけど、しかし、気軽に金額的にいける賃貸も見つかるわけではない。
とはいえ、本当に高潮がやってくるとなってしまった際に逃げる道のりを設定しておかないととそう思う、けれども、海の横しか近くに道がないので、今回、あらためて考えたら危険だということがよくわかった。

雨が降る水曜の夕方は椅子に座る
去年の真夏、冷房の効いた部屋の中で氷たくさんの飲み物だけ飲んでいた。
私はよく熱中症にかかっていたので、体を冷やすことが大事だと考えたから。
クーラーの効いた室内で、カーディガンもなし、そして炭酸飲料にカルピスで体まで冷やした。
なので、快適に過ごせたと実感していた暑さ対策。
夏が終わり、その年の冬に、前年度よりももっと冷えを感じることが増加した。
外出する仕事内容がしょっちゅうだったこともあるが、寒すぎてなるべく部屋から出れないという状態。
なので、きっと、真夏の生活習慣はその年の冬の体調管理にもつながると思っている。
しっかり栄養を摂取し、バランスの良い過ごし方をするのが一番だと思う。
枠下
枠下
枠上

カテゴリ

枠下
Copyright (c) 2015 無邪気な好奇心にも価値がある All rights reserved.